×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[トップページ] [星雲紀行] [MLXS] [WPGen] [自作音楽] [モデル] [vi/vim] [tips] [自己紹介]

ストレッチ

目次

  1. このページは
  2. ストレッチ
    1. トリガーポイント
  3. オステオパシー
  4. 参考文献・参考ウェブページ
  5. 履歴

このページは

ストレッチの方法について。メモ。

ストレッチについて、ものすごい数のウェブページがある。

[content]

ストレッチ

ストレッチについて。

  • 無理に反動をつけてストレッチすると筋紡錘という危険を感知するセンサを壊す。
  • ため息をついてから20秒程度の長い無理をしないストレッチが良い。
  • 筋肉を5分くらいあるくかシャワーでほぐしてからストレッチが怪我防止に良い。
  • 順番は末端から中枢へ。ふくらはぎ、太もも、尻、腰、肩、首とする。
[content]

ストレッチ・肩

肩のストレッチ方法など。

定義

肩こりとは、 肩甲骨周囲の筋肉のこり・痛み・痺れのこと。
肩甲骨周囲の筋肉は頭を支え、腕の運動を司る。

原因

直接の原因は肩甲骨周囲にある筋肉の血行不良。

  • 姿勢の悪さ
  • 悪い姿勢を作る生活環境
  • ストレス
  • 体形、首の骨の変形、高血圧、内臓の病気

対策

  • 姿勢
    • あごを引く
    • おなかを引く
    • ひざを伸ばす
    • 椅子の高さに注意する。アームレストの高さを机と一緒にするなど。
    • デスクワークは休憩を入れて手を休める。
    • 矯正ベルト
  • 歩行
    • 背筋を伸ばし体を揺らさない。
  • 睡眠
    • 固めの布団を使う
    • 枕は横になったときに首と背骨がまっすぐになる高さが最適。

参考文献・参考ウェブページ

[content]

ストレッチ・腰

未定
[content]

トリガーポイント

トリガーポイントは筋の部分的に硬くなったところで痛覚が過敏になっており 押すと関連痛領域に痛みが拡がる。 固い部分を親指でじっと同じ強さで押し続ける。 通常1分以内で押しているところの痛みと関連痛が感じなくなる。 それで終了するか、さらに少し力を加えて、痛みがなくなるまで押圧を持続する。

[content]

オステオパシー

オステオパシーについてのメモ。

  • オステオパシー(Osteopathy)の由来は、オステオ(Osteo) 「骨」とパシー(pathy)「病気、治療」を合わせた造語。
  • オステオパシーとは自然治癒力を充分に活かして、身体が本来持っている機能性を取り戻し、健康に導く医学。
  • http://www.joa-jco.com/index.html
[content]

参考文献・ウェブページ

[content]

履歴

  • 2006/09/05 トリガーポイント追記
  • 2006/03/12 更新・矯正ベルト追記
  • 2006/03/06 作成
[content]
ご意見、ご感想、誤字、間違い等、お気づきの点がありましたら KGussan@Gmail.com まで連絡ください。
このウェブページの注意・免責事項 Copyright (C) 2004-2012 KGussan. [トップページ]
[PR:元国税局勤務の起業家向け、遺産相続の相談なら植村洋税理士事務所:一時間無料税理士相談。お気軽に。]