×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[トップページ] [星雲紀行] [MLXS] [WPGen] [自作音楽] [モデル] [vi/vim] [tips] [自己紹介]

TeX

目次

  1. このページは
  2. install
    1. windows 環境でのインストール
    2. cygwin 環境でのインストール
  3. tips
    1. PDF への印刷で汚いフォントになってしまう
    2. TeX でプレゼン
    3. Web 上でTeX
    4. TeX でフォーマット変換
  4. ドキュメントクラス
  5. マクロ
  6. 成果物
  7. 用語
  8. 参考文献・参考ウェブページ

このページは

TeX についての覚え書き。

論文を書くならLatex が一番きれいだ。
windows 環境ではGhostscript が必要になってしまうのだが、 Cygwin をインストールしておけばすでにGhostscript は 入っているはずだ。
よってCygwin でTex 環境を整えることにする。

TeX はKnuth 氏の傑作。

散々がんばってみてもCygwin でのインストールは失敗。
仕方ないのでやはりWindows 版のLatex を入れることにする。

[content]

install

Windows 環境でのインストール

  1. ワープロユーザのためのLatex 入門 Tex 入門
  2. 角藤氏の pTeX Tex バイナリがおいてある。環境一式。
  3. win shell Windows でTex を効率よく使用するために。
  4. Tex Wiki - WinShell


以下、自分の行った作業。

  1. dviout のダウンロード

    上記の角籐氏のサイトからTEX をダウンロード。
    ブラウザ経由はだるいのでcygwin から全部wget する。

    $ wget -r ftp://ftp.t.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/
    インストールは以下の手順を踏んだ。
    texinst755 のREADME に詳しい手順が載っている。
    以下、windows コマンドライン
    1. CMD> c:\

    2. CMD> mkdir usr\local

      "Program Files" などスペースが入ったディレクトリは嫌とのことで /usr/local をC ドライブに作る。Windows でこれがあるのは変な感じだ。
      仕方ない。
    3. CMD> cd usr\local

    4. CMD> cp DOWNLOAD_TEX_DIR\texinst755.exe .

    5. CMD> texinst755.exe DOWNLOAD_TEX_DIR


  2. 環境変数を指定する。

    SET PATH="%PATH%";C:\usr\local\bin をc:\AUTOEXEC.BAT に追記。
    そしてc:\AUTOEXEC.BAT してパスを通してあげる。
    このときには、ShiftJIS 出ないといけないので注意。

  3. 実行

    そして

    CMD> jlatex TEX_FILE
    する
    なんとか日本語でのTEX ができた。しんどかったけど成功!

  4. AFPL GhostScript

    Windows 版のGhostScript, AFPL を入れる。
    一緒のページにあったものをインストールした。
    しかし、動作していない。

  5. dviout のダウンロード・インストール

    $ wget -r ftp://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/pub/dos/dviout/current/
    # 実際にはftp://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/pub/dos/dviout/3.17/tex317w.exe
    # 実際にはftp://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/pub/dos/dviout/3.17/README

    dviout をインストールする前に tex をインストール・設定しておくと自動で環境を設定してくれる。
    これは便利。

    それでもうまくいかない場合には、

    • font1
      TEXROOT: c:\usr\local\share\texmf\fonts
      TEXPK: ^r\tfm\\^s^tfm;^r\pk\\^s.^dpk;^r\vf\\^s.vf;^r\ovf\\^s.ovf;^r\tfm\\^s.tfm
      TEXFONT: (消去)
    • font2
      gen: `C:\usr\local\bin\mktexpk.exe --dpi ^d --bdpi ^D --mag ^M ^s
    これで大丈夫になった。

    このdviout からprimopdf へ印刷してPDF を作成する。
  6. winshell

    最後にWinShell を入れる。最新版は日本語の対応もあり、とても便利。
    ただし、オプションで日本語フォントを選ぶことと、 文字セットを日本語にしないと正しく表示・コンパイルができない。
    注意。
    また、実行ファイルをlatex からplatex に変更する必要があった。

ShiftJIS でないとちゃんとエンコードしてくれない。
でもWindows 環境でもTex ができてよかった。

[content]

Cygwin 環境でのインストール(失敗)

Cygwin はWindows 用のLinux コマンドが使えるアプリケーションだが、 インストールの区別上分類する。

残念ながら以下の方法ではうまくインストールすることができなかった。
下記のcygwin 版のTex もアップデートがしばらくされていないようだ。
残念だが、Windows 版のLatex を試す。
また、以下のパッケージも更新がだいぶされていないようだ。


上記のページにまとまっている。


以下、自分の行った作業。
  1. ftp://ftp.gyve.org/pub/gs-cjk/ または http://www.t.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/gs/ よりacro5-cmaps-2001.tar.gz adobe-cmaps-200202.tar.gz ファイルを ダウンロードする。
  2. $ cd /usr/share/ghostscript/fonts
    $ ln -s $SYSTEMROOT/Fonts/msmincho.ttc .
    $ ln -s $SYSTEMROOT/Fonts/msgothic.ttc .
    $ mkdir -p /usr/share/ghostscript/Resource
    $ cd /usr/share/ghostscript/Resource
    $ tar xvzf acro5-cmaps-2001.tar.gz
    $ tar xvzf adobe-cmaps-200202.tar.gz
    $ cd /
    $ ln -s /usr/share/ghostscript/Resource
    
  3. /usr/share/ghostscript/8.15/lib/FAPIcidfmap を書き換える。
    /Ryumin-Light           (msmincho.ttc)   ;
    /GothicBBB-Medium       (msgothic.ttc)   ;
    /HeiseiMin-W3           /Ryumin-Light    ;
    /HeiseiKakuGo-W5        /GothicBBB-Medium;
    /HeiseiMin-W3-Acro      /Ryumin-Light    ;
    /HeiseiKaKuGo-W5-Acro   /GothicBBB-Medium;
    
  4. tetex をダウンロードする。
    tetex-2.0.2-ptex-3.1.2-1.tar.bz2
    tetex-2.0.2-ptex-3.1.2-docs-1.tar.bz2

    Sohda さんの こちらからダウンロード。
    $ tar jxvf TAR_BZ2_FILE -C /
    すると /usr/local/tex に解凍されてゆく。
  5. /usr/local/tex/bin のディレクトリにパスを通す。
    export PATH=$PATH:/usr/local/tex/bin

[content]

tips

PDF への印刷で汚いフォントになってしまう

Windows で使うと英数フォントがBMP 形式になり、汚くなってしまう。
解決方法としてはBaKoMa フォントをWindows にインストールすること。
http://argent.shinshu-u.ac.jp/otobe/tex/book/WinXP.html
上記サイトにてフォントのインストーラがある。
上記フォントをインストールしたあとにDVIOUT の設定で
Option → Setup Parameters → Font → TEXPK の設定を

^r\tfm\\^s^tfm;^r\pk\\^s.^dpk;^r\vf\\^s.vf;
とし、TEXFONTS の設定欄を空白にする。これで正しいフォントが利用できた。
解説ウェブページ
http://www.iw.media.yamanashi.ac.jp/~nabesima/tips/tex/pdf/

[content]

プレゼンテーション

Windows 環境にてDVIOUT を使用して"ESC"キーを押すと、画面いっぱいに 文書が拡大される。
そのときにマウスで右クリックするとクリック部分が拡大されて表示される。 Latex でプレゼンテーション

[content]

Web でLatex

三重大のサイトでLatex が実行できる環境がある。 Web でLatex
サーバに負荷をかけるのでテスト程度に使用しよう。

[content]

フォーマットの変換

inputoutputcommand
TeXdvi$ platex TEX_FILE
dvipdf$ dvipdfmx DVI_FILE
$ dvipdfm DVI_FILE

[content]

ドキュメントクラス

platex では以下のように記載する。

\documentclass{article}
\begin{document}
TEST.
\end{document}

このarticle のままでも日本語表示は可能。しかし、jarticle の方が日本語 向けのフォーマットになっている。
jsarticle というドキュメントクラスの方が日本語に適しているらしいのだが 標準ではWinShell にインストールされていない。
こちらに あったので
C:\usr\local\share\texmf\ptex\platex\base
に入れると使用できた。
.tfm ファイルは
C:\usr\local\share\texmf\fonts\tfm\dvips
へ。
.pl ファイルは
C:\usr\local\share\texmf\fonts\source\ptex
へ。(pl ファイルはPerl ファイルではない。)

[content]

マクロ


マクロ参考ページ
Tex のマクロ

[content]

成果物


自分の作った成果物
低髄液圧症候群のサマリと考察
またまだ、改善の余地がたくさんある。

[content]

用語

__

[content]

参考文献・参考ウェブページ

参考文献 参考ウェブページ

[目次]
ご意見、ご感想、誤字、間違い等、お気づきの点がありましたら KGussan@Gmail.com まで連絡ください。
このウェブページの注意・免責事項 Copyright (C) 2004-2012 KGussan. [トップページ]
[PR:元国税局勤務の起業家向け、遺産相続の相談なら植村洋税理士事務所:一時間無料税理士相談。お気軽に。]